経営おせっかい情報

節税にどっちが有利?小規模企業共済 VS iDeCo 税理士坂田が陥った罠!

今日もあなたの経営を元気にする おせっかいな税理士の坂田です!

今日は小規模企業共済iDeCo どちらがおすすめか?ということについて話していこうと思います。
最後までお読みいただくことで、小規模企業共済とiDeCoが自分にとってどちらのほうが利益があるのか、向いているのかということがよく分かりますので、最後までお付き合いください!

小規模企業共済とは?

それでは早速、小規模企業共済についてですが、こちらは自分で設定した額を毎月積み立てることができます。この積み立てた金額は、所得控除になります。

そして退職や廃業した際に、退職金として共済金を受け取ることができます。
つまり、退職金の積み立てみたいなものですね。

個人事業をやってると退職金というものがありません。
ですので、個人事業主の奥様(旦那様)からすると、うちの旦那さん(配偶者)って退職金がないから心配だわ~っていう人が結構いるんです。

そういう方には、この小規模企業共済を掛けておくと、退職金として受け取れますよという感じになっていますので、ぜひ掛けてみるのもいいんじゃないかと思います。

掛け金は毎月1,000円~70,000円(500円単位)と幅広いので
手軽にも掛けることも、しっかり掛けることもできて、金額も自由に設定ができます。

そして予定利率は1%です。今は定期預金に預けたとしても、0.0001%ぐらいしか預金が付かないです。そうなってくると、定期預金に預けるのって無駄なんじゃないのって感じですが、こちらは1%ぐらい付きますので、下手な定期預金よりは1,000倍ぐらい利息が付くことになるので、かなりオススメな商品だと思います。

そして65歳から共済金を受け取れます。その時に元本割れせずに受け取ることができれば、お得なものと言えるでしょう。

小規模企業共済のメリット

では、小規模企業共済の主なメリットですが、積み立てた金額と同額かまたはそれ以上の共済金を受け取ることができます。しかも、掛け金は全額が所得控除の対象になります。
掛けた時は税金が安く、しかも戻って来る時は掛けた金額より多くなるとしたら
すごく良いことづくめですよね!

例えば、年間所得1,000万円ぐらいの人が、MAXで掛けた場合には、だいたい1年間で
36万円くらいの節税効果があると言われています。

そうなってくると、30年掛ければ節税だけでも1,000万円くらいは節税できてしまうというすごい商品なんです。

また、掛け金の範囲で、低金利の貸付を受けることができます。

もしたくさん掛金を掛けて、お金が無くなってしまい、どうしても事業でお金を使わないといけないといった時でも、その掛けた分に関して、1.5%ぐらいの低い金利でお金を借りることができます。ただし、この借りた分は、1年で一括で返す必要がありますので、計画は運用的に使っていただかないといけません。

そして受け取り時にも税金が優遇されます。
共済金を掛けた分を受け取る時には、当然自分の収入にはなるんですが、一括で受け取りした場合は、退職所得控除というものになります。

退職所得控除というのは、退職金を受け取る時に使いますが、かなり優遇されています。
税金が半分くらいと、かなり安くなりますので、とてもおススメです!

もちろん、一括以外にも分割で受け取ることもでき、分割で受け取りをすると
公的年金等控除で年金みたいな扱いになります。

自営業で厚生年金がない人に関しては、どちらかというと、年金で受け取ったとしても、もともと年金額が低いので控除が余ってしまい、その控除を使いながらこれも受け取るってことになると、意外に税金がほとんどかからずに受け取ることができたりします。
その辺りはその時に、その状態を見てどっちが得なのかを判断してもらえばいいのかなと思います。

小規模企業共済のデメリット

では逆に、小規模企業共済のデメリットはなにかというと
まず、名前に小規模とある通り、個人事業主や従業員が20人以下の役員しか加入できません。ということは、将来的に加入の対象から外れてしまうことがありますので、その辺りは注意が必要です。自分の会社がこれからどんどん大きくなるだろうと考えている方には
あまりお勧めはできません。

それから、共済金は課税扱いです。

また、解約理由や解約時期によっては元本割れで損をしてしまいます。
廃業や老齢による解約については、特例で6か月以上積み立てておけば損はしないですが
ちょっと辞めたいな~と任意で解約する場合は、20年以上積み立ててから解約をしないと元本割れしてしまいます。一度始めたら20年はやると思ってもらわないと
なかなか掛けづらいのかなと思います。

iDeCoとは?

では次にiDeCoについてお話していきます。
iDeCoはCMでも流れていたりしますので、名前は聞いたことがあるかもしれません。

iDeCoは金融商品を自分で選んで毎月積み立てることができて、しかも金融商品は
投資信託の他に定期預金等も選ぶことができます。

自営業者の場合は、掛金は毎月5,000円~68,000円まで1,000円単位で幅広く
掛けることができます。

基本的には60歳から給付金を受け取ることができますが、運用実績次第では運用益を得ることもあれば、元本割れしてしまう可能性もあり、そこは自己責任になってきます。

iDeCoのメリット

iDeCoのメリットは、積立金額は全額所得控除の対象です。
これは、さっきの小規模企業共済と一緒です。

そして高い予定利率があります。あくまで「予定」ですので、マイナスになる場合もあります。

運用で得た利益や利息は非課税です。

投資商品が選べます。自分でこの商品だったらいけるんじゃないかと選ぶことができます。そして、さっきの小規模企業共済では、予定利率は1%でこれしかありません!と決まってたんですが、このiDeCoに関しては、自分でこれに投資しようって選べるわけです。

給付金受け取り時の税金優遇についても、先ほどの小規模企業共済と同じです。
一括受取だと退職所得控除と言ってかなり優遇税制を受けられます。
分割でも年金の受け取りと同じように 、自営業者の場合は優遇になる可能性が高い
というものになっています。

iDeCoのデメリット

逆にiDeCoのデメリットですが、原則60歳までの給付金を受け取ることができません。
原則、途中解約ができないので、どうしてもお金が無くなってしまっても、なんとか解約してくださいといったことはできません。

先ほどの小規模企業共済であれば、貸付ができましたが、こちらのiDeCoに関しては
そういうものがありませんので、自分の資金繰りをしっかりしておかないといけません。

あとは、手数料がかかります。さきほどの小規模企業共済は手数料がなかったのに対しiDeCoは口座維持手数料や運用管理費用といったものがかかります。仮に、掛けて利益が出なかったとしたら、確実にマイナスになってしまい、元本割れの可能性が高いです。

また、今は特別法人税が停止中ですが、復活してしまう可能性があります。
特別法人税というのは、今まで掛けた金額の合計額を毎年1%みなさんの掛けた基金から
引いて行くという税金です。

今は停止していますが、将来的に特別法人税が復活してしまう可能性があります。
みんながiDeCoをやりだして、全員加入したぐらいに、じゃあもう解約できないんだから
この制度を始めよう、となる可能性も考えられます。

それから、運用結果によっては元本を下回るということがあります。
ずっと長く運用をしていても、解約直前に半分になってしまうこともあるわけです。
急にリーマンショックや、今でいうと、コロナショックで株価が大きく下がってしまう可能性も無きにしも非ずです。
そういったデメリットもあるので、あくまで投資だという風に考えていただいたほうが
いいです。

どっちがおすすめ?

じゃぁどっちがおすすめなの?ということですが
まずはとにかく貯金をしたい、コツコツ少ない掛金で無理なく貯めたい、貯蓄を何十年も
崩したくない、将来のために取っておきたいという人であれば、小規模企業共済がおすすめです。定期預金を貯めても基本的には利益が出ることはないです。ですが、これであれば掛けた時点で税金が安くなりますし、返って来る時も税金が安い。その時点で相当な利率みたいなものが付いています。しかも、予定利率1%で確実に定期預金よりも高い利息が今のところ付いています。そういった意味では、定期預金にするよりも自分の退職金として積み立てて節税をして、最後に受け取るという方法がおすすめです。

逆に、iDeCoはどんな人におすすめかというと、運用に興味がある人です。
元本割れしてしまうリスクがあるので、自分で運用してみたい、投資をやってみたい
他にも投資しているけど、どうせだったら掛けている金額に関しても節税したいというのであれば、iDeCoがおすすめです。

今はっきり言ってアメリカの市場とか見てると、最初の株価から何倍にもなっています。10年ぐらいですごい上がり方をしています。
そういう意味ではすごい利益が出るかもしれませんし、逆にいうと
日本の株価だと2万円が1万円なったり結構ジグザグしていますので、ずっと貯めてきたのに急にガクッと下がってしまう可能性もあります。ですので、リスクとリターンが解っている方であれば、iDeCoがおすすめなのかなと思います。

結論

結論ですが、小規模企業共済とiDeCoって実は併用が可能なんです!
お金に余裕があるのであれば、両方やってみるのも一つの手かなと思います。

ただ順番としては、まず小規模企業共済でお金をきちんと貯めるところから始めて
余裕があればiDeCoで資金運用をしていくという方法がいいのではないかなと思います。

私自身の話ですが、3年くらい前に小規模企業共済を年末にMAXで掛けたんです。
その次の2月に、今年は税金がちょっと安くなるかなぁなんて思っていたんですが・・・。

実は、私は一般社団法人の代表理事もやってるんですが、代表理事は
小規模企業共済を掛けることができないんです。まさかの・・・。
それで、逆に税金が高くなってしまった~!という思い出があります。
その時には、もっとふるさと納税をやっておけばよかったと思いましたが、そういった落とし穴もありますので、どちらを検討するにしても、資料を取り寄せたり、詳しい人や税理士さんに聞いてみたり、それぞれの特徴を理解して自分自身に合った選択をしてもらえればなと思います。

これでみなさんも賢く節税をして、運用資金を貯めてください!

税務顧問

私たちは、単に税金の計算をするだけの箱入り税理士事務所ではありません。

「どうやったら、経営基盤を安定させられるか」
「どうやったら、売上を伸ばせるのか」
「どうやったら、より多くの利益を残せるのか」
「どうやったら、理念の実現に近づけるのか」

このようなあなたの会社の課題を解決するために、独自のサポート体制を構築しています。

相談の流れをみてみる


創業融資支援

創業資金の計画は立っているでしょうか?

どんな素晴らしいアイデアで起業をしても、資金で詰まってしまっては何もかも立ち行かなくなっていしまいます。

弊事務所では、しっかり2本の計画を立てたのち、低金利・無担保・無保証の、日本政策金融公庫の融資をオススメしています。

相談の流れをみてみる


セカンドオピニオン

「今の税理士で本当にいいかわからない!」という方もご安心ください!
まずはお試し制度として、セカンドオピニオンを使うことができます。

自計化している会社は税務のみ、今の税理士のままで、私たちの強味であるきちんとした経営計画書と毎月の月次決算で、資金繰りとか予実管理をしながら課題を見つけ、課題を解決していくことにより会社の成長につなげることができます。

相談の流れをみてみる